塗装の依頼もできる|動きの悪いシャッターは修理会社にお任せ|全国対応ですぐ駆けつける

動きの悪いシャッターは修理会社にお任せ|全国対応ですぐ駆けつける

ウーマン

塗装の依頼もできる

作業服

店舗などで使用されているシャッターには、店舗の名前や電話番号などをシャッターに記載している場合があります。ペイントやステッカーをシャッターに施すことで、シャッターが閉まった状態でも通行人へお店のアピールをすることができるのです。しかし、こうしたペイントやステッカーも、長年の経年劣化によって状態が悪くなることがあります。文字や絵がかすれて見えづらくなることや、表面にサビが現れてしまい見苦しい状態となることがあるのです。シャッターの修理を行なう会社の中には、シャッターの構造劣化に対しての修理だけでなく、塗装の修理を請け負う会社もあります。見栄えよく塗装を行なってくれるほか、文字や絵の塗装を行なってくれることもあるので、依頼することで見た目を大きく改善させられます。

シャッターの修理を行なう会社では、他にも落書きの洗浄依頼も行なうことができます。十代の子供は、街の一部に落書きなどのいたずらを行なうことがよくあります。特にシャッターは、降ろさなければ目立たないから怒られないだろうと、軽い気持ちでいたずら書きをする子供も多いので、頻繁になされる落書きに頭を悩ませる人も多いでしょう。街中でのいたずら書きの多くは、油性ペンやスプレー塗料を使用するため、簡単な拭き掃除で洗い落とすことはできません。シャッター修理を行なう会社に依頼すれば、こうした塗料を綺麗に洗い落とす溶剤を使ってくれるため、落としにくい頑固ないたずら書きを全て一掃してくれます。ペイントの塗装や除去は、シャッターの修理や点検によるサービスとは異なるため、費用がわからないという人も多いでしょう。あらかじめ電話連絡を行ない、こうしたサービスを行なうか、費用はどれくらいかを尋ねておきましょう。