放置すると危険な劣化|動きの悪いシャッターは修理会社にお任せ|全国対応ですぐ駆けつける

動きの悪いシャッターは修理会社にお任せ|全国対応ですぐ駆けつける

ウーマン

放置すると危険な劣化

工具

動作の面で多少使いづらくなったとしても、わざわざ修理を頼むことはないと考える人も多いでしょう。シャッターの修理は費用や依頼による手間も掛るので、多くの人が修理をすることを嫌がるものです。しかし、シャッターの劣化を放置すると、大きな事故を招く恐れもあるため、劣化や不具合が認められる場合はすぐに対処をしなければなりません。シャッターを巻き上げるのは、シャッターケース内にある巻軸シャフトとチェーンです。経年によるシャッターの劣化は、シャッターを巻き上げるチェーンにも現れます。チェーンが劣化するとサビによって構造が脆くなり、シャッターの重量に耐えきれずに切れてしまうことがあります。チェーンが切れれば当然シャッターは降りてしまいますが、その時シャッターの下に何かがあれば、真上から直撃することとなります。重量のあるシャッターが勢いよく落ちるので、車に直撃すれば天井部分の変形やガラスの破損が起こります。人に直撃した場合、シャッターの大きさによっては命の危機すら及ぼす可能性があるため非常に危険なのです。劣化が認められた時にしっかりと対処すれば、こうした事故を未然に防ぐことができるでしょう。

シャッター修理を行なう会社は、不具合の起きたシャッターの分解を行ないます。細かく部品を選り分けることで、劣化が起きている部品を取り除き、新しい部品へと交換してくれるのです。チェーンに劣化が起きていた場合も、すぐに頑丈なチェーンへと交換してくれるので、チェーンの裂断による事故も防げるでしょう。また、シャッター修理を行なう会社の中には、安全管理のために防止装置を取り付けてくれる会社もあります。シャッター効果中に障害物に当たった場合、自動で降下を停める仕組みです。取り付けることで、降下時に車や人を挟んでしまう問題を解消することができるでしょう。