動きの悪いシャッターは修理会社にお任せ|全国対応ですぐ駆けつける

男性

ホコリによる動作不良

シャッター

建物の保全やセキュリティ対策のために使用できる設備といえば、シャッターです。鉄板で構成される頑丈な設備であるため、外部からの衝撃に強いのが特徴です。ガラス性の窓や扉がある建物に取り付ければ、ガラスを割って侵入する空き巣被害を防ぐことができるでしょう。また、台風などが近づいた際にも、風によって飛ばされた石や木の枝からしっかりと建物を守ることができるため、自然災害への対策としても広く利用されています。使用する際は、シャッターケースから引っ張り出すことで簡単に下ろすことができます。収納する際にも、巻取りシャフトのスプリングが作用し、ほとんど力を入れずに収納できるので、使い勝手のよさも人気なのです。しかし、このようなシャッターは使用している間にシャッターケースやシャフトにも多くのホコリが溜まってしまうため、ホコリやチリによって動作不良を起こすことがあります。自分で定期的に清掃しているという人も多いでしょうが、多くの場合シャッター表面やケース周囲へ清掃をするだけに留まります。内部まで綺麗に清掃するという人は少ないので、どれだけ大切に扱ったとしてもホコリなどによる問題は発生してしまいます。シャッターの修理を行なう会社では、定期点検時にシャッター内部まで清掃してくれます。ホコリを取り除くことで、動作性を高めると同時に、サビなどの劣化を防いでくれるので、定期的に依頼することでシャッターの寿命を延ばすことができるでしょう。

シャッターの定期点検や修理は、専門の会社に依頼することで行なえます。全国的に依頼を受け付けている会社もあるので、どの地域に住んでいる人でも気軽に連絡を行なうことができるでしょう。点検や修理を依頼するとなると、どれくらいの費用が必要なのか気になる人も多いでしょう。あらかじめ見積り依頼をしておけば、点検や修理での具体的な費用がわかるので、依頼前に必ず見積り依頼は行なっておきましょう。

放置すると危険な劣化

工具

シャッターの劣化を放置すると、内部のチェーンが切れてしまい、車や人に落ちてしまう可能性もあります。シャッターの修理を行なう会社では、定期的な点検も行ないます。依頼することで、重大な事故のリスクを回避することができるでしょう。

Read More

防災設備への点検

倉庫

マンションや大型施設には必ず取付けられる防火用シャッターは、普段使用しないので、正しく動作するかどうかがわかりません。シャッターの修理を行なう会社に依頼することで、動作チェックや清掃を行なってくれるので、もしもの際にもしっかりと作動させられます。

Read More

塗装の依頼もできる

作業服

シャッター修理を行なう会社では、落書きの洗浄やペイントの再塗装も依頼できます。シャッターへの塗装は、経年によってかすれやサビにより見苦しくなります。再塗装を依頼することで、見た目を綺麗にしてお店の印象を改善することができるでしょう。

Read More